読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁を尻に敷く:サドルにイラストを描いてオリジナルサドルを作ろう

さり気なく自転車にワンポイントを

6年前くらいに俗に言う痛チャリを作っていたこともあるのですが、 ディスクホイールを普段使いするのは恥ずかしいし、かといってオフ会にわざわざ行く元気もないのです。

そこで私は6年くらいサドルにイラストを描いた「痛サドル」を作っていて結構気に入っているのですが、真似する人がぜんぜんいません。

今回新しいサドルを買ったので、メモがてら作り方を紹介します。 簡単ですよ!

1. 準備

  • サドル

    • 白ベースが楽ちんですけど、黒でも頑張れないことはないです。
  • 染めQ

    • 言わずと知れた革や布を簡単に染められる塗料。
    • 1度サドルに噴いた塗料は滲まないですし、2年くらいは色落ちせずに使い続けられます。
  • カッティングシート

    • イラストをサドルに転写するための型に使います。
    • 色はなんでもいいのですが、暖色系だと手切りするときにイライラしない気がします。
  • リタックシート or マスキングテープ

    • カッティングシートをサドルに貼り付けるために使います。
    • リタックシートは一発勝負になるので、マスキングテープの方がリカバリーが効いてよいかと。
  • スプレーのり

    • カッティングシートにイラストを印刷した紙を貼るときに使います。
    • 貼ってはがせるタイプが良いですね。あとで紙は剥がすので。
  • デザインナイフ

    • カッターよりデザインナイフのほうが切れ味が良くて失敗しづらいです。

2. サドルに描きたいイラストやロゴを切り出す

まずはイラストをカッティングシートに貼ります。 イラストは私のTwitterアイコン。 1年ほど前につむらゆきさんに描いていただきました。ありがとうございます。

スプレーのりをイラストを印刷した紙に吹きかけるのですが、ここでポイント。 スプレーのりを吹きかけたあとに、要らないきれいな紙にイラストを何回か貼り付けて、粘着力を弱めてください。

カッティングシートに貼り付けた紙を剥がすときに、カッティングシートごと剥がれてしまうリスクを減らせます。

あとは頑張って切ります。

切ります。

できました。

カッティングシートから紙を剥がして、手切りは一段落。

3. マスキングをする

芳佳ちゃんを羽交いj・・・マスキングテープを全体に貼ります。

このマスキングテープもあとで剥がすので、そっと乗せる感じで貼ってください。

そしたらサドルにカッティングシートを貼ります。

曲率が強いサドルは微調整が必要なのでがんばってください。

あとはマスキングテープとガムテープでぐるぐる巻きにすればマスキング終了です。

4. 染めQの出番!

肝心のスプレーしているときの画像がない!!

ただ吹きかけるだけなのですが、15-30cmくらいサドルからノズルを離してスプレーすればOKです。

できました。

1時間くらい待ちます。

剥がします…

5. 完成!

染めQ ミニ染めQ エアゾール 70ml ブラック

染めQ ミニ染めQ エアゾール 70ml ブラック

タミヤ クラフトツールシリーズ No.40 モデラーズナイフ 74040

タミヤ クラフトツールシリーズ No.40 モデラーズナイフ 74040