Spearnet を使ってeBayで落札したフレームを個人輸入する話

セ◯イモンなんていらなかったんや・・・

eBay で欲しいパーツに限って May not ship to Japan なんてこともしばしば。 Seller に直接交渉してもOKなのですが、フレームのような大物だと送料や保険料の話し合いが面倒でした。

そんなところ @vontakun 氏からこんなリプライが。

SpearnetさんのWebページを見てみると、なんと転送手数料が$9~!

自分の知っている輸入代行業者より圧倒的に安い。

今回購入したかったSellerがUS国内送料無料でだったので、試しに使ってみました。

Spearnet とは

個人輸入・転送サービスなら、信頼、実績のスピアネット。

US -> Japan の転送代行サービス。 Webページが全て日本語、担当者も日本人なので安心して取引ができます。

eBay, Amazonの転送がメインのようですが、その他にも倉庫に商品が送れるなら何でも転送できる模様。

倉庫がPortlandにあるので、自転車乗りとしては親近感がわきますね。

アカウント登録をしてeBayから落とした商品を転送してみます。

1. eBay で商品を落札する

ここが一番ハードル高い。終了直前まで粘られたが、なんとか$496で落札に成功。

落札したのは GIANT TCX SLR SS。 日本未発売カラー&世界中で100台程度しか生産していない代物が新品!で出品されていたので何としても落としたかった。

Adam Craigのイカれたプローションビデオはこちらからどうぞ。

youtu.be

2. Spearnetの倉庫に商品を送ってもらう

ここがポイント。

eBayアカウントにSpearnetの倉庫がある住所を新しく登録しておく。 詳しくはこちら

無事住所登録が完了したら、商品発送先をSpearnetの倉庫にして、paypalでポチポチっと入金する。

Seller から Tracking Number が届くのを首を長くして待つ。

3. 転送作成依頼をする

Spearnet にアカウント登録すると、転送作成依頼ができるようになります。

eBayの商品番号を入力すると、商品名などが自動入力されるので、 あとは発送方法とTracking Numberを入力するだけで転送依頼が完了。

発送方法は宅配便かEMSか選択できますが、後述する見積もり時に選択できるので、 とりあえずEMSにしておきます。

ものすごく簡単です。

f:id:nagsaran:20161119131157p:plain

4. 商品が倉庫に届くのを待つ

待ちます。

5. 発送方法を決める+支払いをする

商品が倉庫に届くと、担当者さんが商品の大きさに応じて宅配便とEMSの見積を提示してくれます。

今回は大物だったので、転送手数料込みで宅配便が$200、EMSが$135でした。 宅配便(ヤマト)のほうが安心ですが、$70も違うのはお財布に優しくないので、今回はEMSを選択。

発送方法を決定すると、クレジットカードかPayPalで支払いし、作業が全て完了。

倉庫に商品が届いてから転送依頼が完了するまで、なんと1日未満。

Sellerと直接やり取りするより圧倒的に手間が少ないので、転送手数料$9かつ宅配業者を自分で選択できることは大きなメリット。

#ちなみにSellerと直接交渉したときは、日本に送ってもいいけど送料$160+保険料が必要だぜ!と言われたので、Spearnetを使って正解でした。

6. 首を長くして商品が日本に来るのを待つ

待ってます。

まとめ

  • Only ship to USの商品でも簡単に転送できる。
  • 英語での取引が(ほぼ)不要。
  • 宅配業者を選択できるのは大きなメリット。不安なら保険もかけられる。
  • 担当者の仕事が早い。

eBayを使うハードルが一気に下がりました。また使います。